毎度ど〜もでございます、ふじもんです!
 
いや〜サンフランシスコですね!街を歩いていると、「アメリカ!」って感じがします。何が「アメリカ!」なの?って言われると上手く説明できないこともあるのですが、この空気が「アメリカ!」って感じなんですよね(笑)!
 
さて、そんなアメリカを代表する都市、サンフランシスコ。あらゆる人種と文化が混ざり合うこの街では、日本ではなかなか見られない色々なものを目にすることができます!
 
その1つが、これらの写真のような「グラフィティー」。日本的に言ってしまうと落書きといえば落書きなんでしょうが、こんな「芸術的な落書き」がそこかしこに見られるんですね!
 
中南米でも壁へのペイントはよく見られましたが、このアメリカではまた一味違います。より精密で、もはや芸術ですよね。この「直接壁に書いてしまう」という発想は、日本人にはなかなかないのかもそれません。そこをドカンと豪快にやってしまうアメリカ。さすがです!
 
面白いことに、1つ1つのペイントの右下には、だいたい名前が書いてあります。そのペイントの作者なんですね。画家が自分の作品に名前を残すのと一緒ですね!ちなみに今ここにアップした写真はほんのごく一部で、街中にはもっともっとたくさんのグラフィティーがあるそうです。それを見に街歩きをするのも、サンフランシスコの楽しみ方の1つかもしれませんね!
 
あらゆるものが一同に集まり、社会を形成しているアメリカ。まだまだこの国には色々な驚きがありそうです!それではまた次回もよろしくお願いします〜!
 
ふじもん