Hello!ふじもん@ラスベガスでございます!

 

いや〜話には聞いていましたが、ここは本当に寒暖の差が激しいです。昼はなかり暑くて半袖で全然OKなのに、夜になると一気に気温が下がり、明け方は寒くて目が覚めるくらい。さすがは砂漠の中に作られた街ですね。一歩ラスベガスを外れれば、広大な乾燥地帯が広がっています。

 

そんなラスベガスなのですが、メインストリート沿いはまさに「ネオンの洪水」です!ホテル、カジノ、その他色々なショップがひしめき合っているその中で、いくつもの店舗があったのが、日本でもお馴染みのマクドナルド。

 

意外に思われるかもしれませんが、ハンバーガーのサイズなどは日本と変わりません。僕も、もっと巨大なアメリカンサイズのハンバーガーが出てくるのかと思ったのですが、日本と全く同じでした。ドリンクのカップこそ大きかったですが、他は日本と変わらないというのは正直意外でしたね。

 

そしてもう1つ、日本と変わらないものがありました。それが、深夜にマックで夜を過ごす人たち。言葉は悪いかもしれませんが、浮浪者のような方々がマックで夜を明かしている光景をよく見かけました。アメリカのマクドナルドにも、一番安い「100円マック」ならぬ「Doller menu」があり、それだけを注文して、朝まで隅っこの席に座っている・・・。心を痛める光景でした。

 

昨夜、僕たちが泊まっていたRV ParkWi-Fiが故障してしまい、マクドナルドのフリーWi-Fiを使ってインターネットをするために深夜にマクドナルドに行ったのですが、何人もの浮浪者のような方々を目にしたのです。これはやっぱり日本の方々にも知ってもらいたいと思い、今回のテーマにしました。

 

「日本と同じ」というより、このような状況はもしかしたらアメリカから来たのかもしれませんよね。経済の発展は富の集積であるのかもしれませんが、それは全ての人に平等に行き渡るものではない。必ずそこには「格差」が生まれてしまう。

 

これまでは比較的格差が少ないといわれていた日本ではありますが、近年状況が変わってきているといわれています。皆が本当に幸せに暮らせる社会とはどういうものなのか?自由と平等とは?富と貧とは?夜のファーストフード店1つからでも、学べるものはたくさんありますね。

 

そんなマクドナルドの外では、莫大な金額がカジノで動いている。一晩で何百万ドルともいわれているマネーゲームが繰り広げられている。これでいいのか、アメリカ?いや、アメリカだけじゃない。これは世界の国々の縮図でもあるとも思います。さてさてどうしたものなのか・・・。そんなことを一人考えていた夜のラスベガスなのでした・・・。

 

ふじもん