こんにちは!ふじもん@ニューメキシコ州でございます!
 
アメリカの旅もだいぶ慣れてきましたが、気を付けていると、色々と小さな違いがあるものですね。その小さな違いが面白いんですよね。
 
例えばこの写真。これは牛乳なんですが、アメリカのスーパーでは、こんなボトルで売られているんですね。
 
日本で牛乳といえば?そう、牛乳パックで売られてますよね。他のジュース類もそうですが、比較的紙パックで売られていることが多いと思います。
 
アメリカのドリンク系は、ほとんどがペットボトルなんです。紙パックで売られている製品は少ないんですね。そしてこの巨大なサイズのペットボトルが当たり前に売られています。さすがアメリカ、全部がデカい!!!(笑)
 
なんでかなぁと思ったのですが(これは勝手な僕の想像なのですが)、たぶん日本人の木に対する考え方にもあったりするのかなぁと思いました。昔から森に接し、木一本一本にも神が宿ると考えるほどに木に接してきた日本人だからこそ、プラスチックではなく木から作る紙パックの製品が多いのかなぁと思いました。
 
まぁしかしそうは言っても、今日本で使用されている木材のほとんどは輸入ですし、かつての日本人の木や自然に対する考え方とは異なってきているのかもしれませんが・・・。
 
ペットボトルも紙パックもしっかりリサイクルすれば再利用ができますが、世界中どこに行ってもゴミはあっちこっちに捨てられています。アメリカの街中はやはりかなり綺麗ですが、ゴミの再生利用は世界的な課題ですからね。みんなで考えていかなければいけませんね・・・!
 
ふじもん