お疲れ様です、ふじもん@アリゾナ州です!

 

アメリカの政府機関閉鎖の影響でちょっとルートが変わってしまい、またアリゾナ州に戻ってきてしまった僕たちですが、結果的には全てが良い方向に流れています。面白いものですね!今日は一日中移動ドライブでしたが、やっぱりこの国はでかい!一日中走ってもずっと大平原ですからね、日本じゃ考えられませんね!

 

さて、今日もいつものようにRV Parkに宿泊する僕たちなのですが、改めて考えてみるとこのRV Parkって、日本ではあまり馴染みのない施設ですよね?アメリカに入国してから当たり前のようにこのRV Parkに宿泊している僕たちなのですが、ちょっと今回はこのRV Parkについてご紹介をしたいと思います。

 

RV Parkとは、ザックリ言えば「キャンピングカーのための宿泊施設」なんですね。日本では、そもそもキャンピングカーで旅行をする人が少ないですから、このような施設に馴染みがないと思います。しかし、ここはでっかい国アメリカ。キャンピングカーでの旅は当たり前のように多くの人が行っているということなんですね。

 

キャンピングカーなんて「家ごと移動する車」みたいなもんですから、この広大な土地だからこそ生まれる発想なんでしょう。道路を走っていると、当然のようにキャンピングカーとすれ違います。う〜ん、なるほど!これがアメリカの発想か!

 

ではそのRV Parkなんですが、基本的にはただの駐車場なんです()。キャンピングカーには台所からシャワーまで揃ってますから、車さえ停められれば問題はないと言えば問題ないんですね。

 

しかし、そんな単純なわけにはいきません。キャンピングカーで宿泊するときにはどうしても必要なものがいくつかあります。それを供給してくれるのがRV Parkなんです!

 

1.給水

料理やトイレ、シャワーなどで常に水を使いますから、この給水は必須です!

 

2.排水

同じく料理やトイレ、シャワーなどで常に水を使いますから、汚水を捨てなければなりません。

 

3.電気の供給

ラジエーターで発電し、電化製品を使うこともできますが、それにはガソリンを使いますし、音もうるさいです。ですので、駐車中は電気の供給がないとかなり不便です。

 

あ、ちなみに冷蔵庫やガスレンジはプロパンガスを使っているので、毎回RV Parkで補給する必要はないんです。

 

この3つが、RV Parkの絶対条件ですね。あ、あとWi-Fiもないと不便ですね・・・()。全てのことをインターネットで調べる時代ですので、もはやWi-Fiなしでは支障が出るくらいの状況です。

 

ということで、このようなRV Parkがどこに行っても必ずあるのがアメリカ。毎回当然のように泊まっていますが、よく考えたら日本とは全然異なるこの環境。広い土地があるからこそのキャンピングカーとRV Parkでの旅。機会があれば、ぜひ一度お試しあれ〜、と思います!

 

ふじもん