お疲れ様です!ふじもん@ヨルダンのアンマンに戻って来ております!
 
以前このブログの中で「どうしてもヨルダンでやりたいことがある」と話したことがあります。それはかなり困難なことで、本当に実現できるかどうかもまだ分かりません。それは何なのか?決まったらご報告致します〜!
 
さて!今回もイスラエルネタです。この写真を見て下さい!
 
まるで学生服かのような黒と白の装束、頭に載せた小さな帽子、そして独特のこの髪型。これはある宗教の「正統派」と呼ばれる人たちが多く住む地区のものなんです。
 
そう、その宗教とはユダヤ教ですね。正統派というのは、ザックリ言えば「超熱心なユダヤ教徒」ということです。旧約聖書に書かれている神の教えを忠実に守り、聖書の教えは人生そのものであるわけです。僕たち日本人にはなかなか理解できないかもしれませんが、それが「信仰」なんですね。
 
イスラエルの首都エルサレムには、メイヤ・シャリームという地区があり、そこには正統派、あるいは超正統派と呼ばれているユダヤ教徒たちが多く住んでいます。彼らはなんと税金をもらって聖書研究をすることが仕事であり、兵役も免除されるという話を聞きました。
 
イスラエルの兵役は3年間。僕のイスラエル人の友達は、「3年間は長かったよ・・・」と話していました。やはりどの国でも、兵役はきついんですね・・・。
 
メイヤ・シャリーム地区は旧市街からすぐなので、十分歩いて行けます。ここに入ると、その雰囲気に圧倒されます!会う人会う人みんな黒装束のユダヤ人!そしてこの、もみあげのみを伸ばす独特の髪型!小さな子どもまでこのチワワみたいな髪型をしていて、それにはビックリしました。
 
さらに正統派のユダヤ人は、もみあげのみを残してあとは髪の毛を剃ってしまうんですね。そして頭頂部にはキッパと呼ばれる帽子をちょこんと乗せる。いや〜この独特のスタイル、刺激的ですよね!街中には正統派ユダヤ教徒用のかつらや帽子などもたくさん売られていました。
 
日本ではまずなかなか見ることができない、このユダヤ教徒の装束。とっても刺激的ですよ!イスラエルにお越しの際には、ぜひこのメイヤ・シャリーム地区を歩いてみて下さい。今まで見たことのない世界が見られると思います〜!
 
ふじもん