こんにちは!ふじもん@キルギスの首都ビシュケクでございます〜!
 
というわけで新しい国キルギスなんですが、この国に来て「あっ、違う!」と感じたことがあります。それは何かというと・・・。
 
人々の顔つきなんですね。イランからトルクメニスタンに入った時も、一気にモンゴル系の顔つきが増えたことにビックリしましたが、キルギスに来るとその割合はさらに増えます。そして僕らのような顔立ちが全然目立たなくなるんです。
 
ウズベキスタンはモンゴルや中国などの顔とも少し違うんですよね。「どこがどう違うの?」と聞かれてしまうと説明するのは難しいのですが、ちょっとした彫りの深さであったり輪郭であったり、やはり違うんですよね。
 
キルギスは人口の75%がキルギス人で占められていると言われていますが、この国は多民族国家です。かつては旧ソ連の支配下にあったこともあり、ロシア系の人々も多く見かけます。今回の写真の中にも1人ロシア系の女の子がいますよね。
 
そして朝鮮系や回族(中国系)の人々もおり、本当に色々な人でごった返しているんです。「色々な人種・民族でごった返している」国や地域なんてこれまでにたくさん見てきましたが、やはりそれがアジア系になってきたというところが、今まで違う感覚に襲われますよね!「ああ、いよいよ東アジアなんだな〜」と・・・!
 
キルギス人もとても親日的で過ごしやすい国ですよ!ただ近年はちょっと外国人に対する犯罪が増加傾向にあるようで注意をしなければいけませんが・・・。ということで、次回もキルギスからご報告致します〜!
 
ふじもん