ICT

パトリはもともと教育関係のアプリ開発からスタートしています。

パトリの教育事業も福祉事業も、高度なシステム化によって

現場スタッフは事務作業をする必要がなく

すべて生徒・利用者とじっくり向き合うことができます。

 

また、スタッフの家庭事情に合わせた勤務形態をとっているので、

出社していなくても子どもたちの様子がわかり、仕事も滞らないような、

コミュニケーションツール、プロジェクト管理ツールが整備されています。

これらの技術は、大規模なシステムを導入できず、専門職がいないような

中小のいろんな会社で役立っています。

パトリの教育・福祉で育った若者が、社会に出て活躍できるように

こういったスキルの習得にも積極的に取り組んでいます。