BLOG

奈良時代の都道府県や市区町村にあたるのが、国(こく)郡(ぐん)里(り)だよ。

今でいう知事や市長に当たる役職は、国司(こくし、くにのつかさ)、郡司(ぐんじ、こおりのつかさ)、里長(さとおさ、りちょう)っていう名前だったんだね。