ブログ

(´θ`)彡

パトリ&ひふみ学園のクリスマス会(フリースクール、障がい福祉サービス、西金沢)

こんにちは。
障がい福祉サービスのパトリです。

先日、パトリの福祉サービス利用者さんと、ひふみ学園の生徒さん、そしてスタッフのみんなでクリスマス会を開催しました。いつも勉強の時間にしている午前中を、この日だけはレクリエーションの時間として、おたのしみ会の形式で楽しみました。

パトリの障がい福祉サービス、レクリエーションとしてのクリスマス会(放課後等デイサービス、自立訓練、フリースクール)

クリスマス会では「おしょうサンタ」と「かずサンタ」が登場。おしょうサンタはジェスチャークイズの出題もしていました。他にも、自立訓練の利用者さんが難読漢字のクイズを出題してくれたりして、みんなで考えながら楽しく盛り上がりました。

パトリで開催するイベントでは、おやつにもスタッフの工夫や手間があります。今回は、「リッツパーティ」形式でサワークリームとフルーツを、みんなそれぞれの好みで乗っけて食べました。そして、おやつの域を超えているのですが、スタッフ特性のクリームシチューも登場!みんな「おいしい、おいしい」と言って食べてくれたのが嬉しいです!

写真にも写っていますが、小さいながらもクリスマスツリーもあります。このツリーの飾り付けは、何日か前の放課後等デイサービスの時間で利用者さんとスタッフが一緒にやったものです。他にも、広い教室の中にクリスマスの飾り付けがしてあり、フリースクールの生徒さんらがこれをやってくれました。みんなで準備をして、そしてみんなで楽しむ。そういうことができた楽しい時間でした。

今日は給食の日(金沢のフリースクール、放課後等デイサービス、自立訓練)

金沢で障がい福祉サービスと子どもたちのための教育をしているパトリです。

今日は楽しい楽しい給食の日でした!

ひふみ学園の生徒さん、放課後等デイサービスの利用者さん、自立訓練の利用者さん、そしてスタッフも一緒に美味しい野菜カレーをいただきました。

パトリの障がい福祉サービス、自立訓練と放課後等デイサービスで給食の日

午前も午後も利用している生徒さん、利用者さんももちろん居て、いつもはお弁当を持参していたり、となりのコンビニで買ったものを食べたりしています。でも、たまにみんなで一緒に食べよう!ということで最近では月1ペースくらいで給食の日を設けています。そして、パトリでご用意する給食は、少しでも体に良いものをと考えてメニューを工夫しています。

今回の給食メニューは野菜カレー。もちろん地場の加賀野菜を使いつつ、ゴロゴロたっぷり野菜の食べごたえのあるものです。ライスは玄米と白米から選んでもらいました。当初、こちらの勝手な予想で、子どもたちは白米を選ぶのが多いだろうと思っていたのに、半分以上の子が玄米を選択。「ぼく、玄米!」「僕も」「私も」と手が挙がり、いい意味での誤算となりました。

全員がそうではないのですが、食事のサーブも積極的に手伝ってくれる子が大半です。障がいの特性もあって手付きに不安のある子もいますが、それでも一生懸命に運んでくれます。スタッフが気づかないことに配慮をしあって、こちらが驚かされることもたくさん。日々の過ごし方の中で少しずつ成長している姿が感じられます。

不登校になっていたことには理由や原因があって、そして、障がいにはそれぞれが特性を持っていて、本当に個性豊かな面々です。苦労しているなと感じることも多いし、将来について考えると心配はつきません。でも、こうやって1つのテーブルを囲んで楽しく過ごし、その中で交流があることで、ちょっとでもみんなが良い方向に成長しているのだと実感できます。

パトリは西金沢から徒歩5分のところにあります。随時の見学を受け付けていますので、ぜひ、お気軽にお問合せください。

パトリ・ひふみ学園の文化祭(金沢のフリースクール、障がい福祉サービス)

こんにちは!
昨日の文化祭にはたくさんのみなさんにご来場をいただき、ありがとうございました!

フリースクール、障がい福祉サービスのパトリ:文化祭の写真

先日の投稿でも書きましたが、事前の準備から生徒や利用者さんが頑張ってくれて、とても楽しく盛り上がった文化祭になりました。カフェ・コーナーでは通信制高校の生徒さんで放課後等デイサービスの利用者さんでもある子たちが頑張って接客。ちょっとバタバタすることもあったけど、注文をしっかり聞いて、それを席まで届けて、と大活躍でした。また、ゲームコーナーでは射的ゲームの用意をしてくれた子を中心にたくさんのみなさんが楽しんでくれました。物販コーナーでは風呂敷や水引グッズ、生徒さん手作りのアクセサリーなども販売させていただきました。

中盤で行ったゲーム大会も大盛り上がり。3つのチームに分かれての対抗戦でしたが、学園の生徒さん、福祉サービスの利用者さん、保護者のみなさん、スタッフも入って楽しみました。ゲームはさなみ先生が仕切ってくれたのですが、途中で出てきた折り紙のお題が特に盛り上がりました。最近、放課後等デイサービスの利用者さんの間で流行っていることもあって子どもたちが上手!分からないお題はスマホで調べたり、分かっている人に教わったりしながら頑張りました。

終盤のステージでは「マジシャン」達が大活躍。学園の生徒さんやOBも参加して、計4人の素晴らしい腕前が披露されました。保護者のみなさんやスタッフなどの大人も目を丸くするほどの出来栄え。いや、ほんとに、タネや仕掛けはあるのでしょうけども、どうなっているのかさっぱり分かりませんでした。すごい。アート系の展示作品も本当にすばらしいものがたくさんあるんです!すごい。

ステージの最後は米津玄師さんの「LEMON」をみんなで合唱。終わったあとのお菓子とお茶での打ち上げも和やかに楽しくなりました。ホットケーキ、とっても美味しかったです!

不登校から通信制高校の生徒になった子。障がいがあって普通の学校に通いにくかった子。いつもあまり学園には来ない子。人とコミュニケーションをとることが苦手な子。いろんな人がここには居ます。それぞれに苦手なことがあるけれども、一生懸命に取り組んでくれたことはみんな立派にできました。スタッフより上手にできたこともいっぱいあります。こちらが教わることもたくさんありますね。みんなに感謝!

 

障がい福祉サービスのパトリでは、何かの理由で何かが「やりにくくなっている」お子さんを支援しています。場所は西金沢駅から歩いて5分(4分かも)。フリースクール、学習塾、障がい福祉サービスの場として活動しています。通信制高校の入学も含めて、どのサービスについてもご利用開始はいつでもOK。見学も随時うけつけていますのでお気軽にお問合せください。

文化祭に向けて準備をしています

こんにちは。
西金沢駅から徒歩5分、障がい福祉サービスのパトリです。

今日は午後から、11月23日(金祝)に開催する文化祭の準備をしました!

パトリの障がい福祉サービス、フリースクールのみんなで文化祭の準備

午前中の勉強の時間が終わり、みんなで昼食。その後の午後からの活動として文化祭の準備です。

参加してくれたのは、フリースクールの生徒さんで放課後等デイサービスの利用者さん。自立訓練(生活訓練)の利用者さんです。今日の主な作業としては、紙チェーンの作成と飾り付け、折り紙を使ったいろいろな飾りの作成などです。たくさんの色を使った折り紙を使うと、それだけでなんだか楽しくなってきますね。思わず時間を忘れて飾りを作りすぎてしまいそうです。

文化祭は11月23日の予定ですが、生徒さん、利用者さんの作品を展示するほかに、カフェなどの模擬店や出し物があります。模擬店では生徒・利用者さんが店員になって、来場してくださるお客さんに接客をします。挨拶のしかたやサーブのしかた、お礼のしかたなどの練習をしています。慣れないことに挑戦している人も、言うことを紙に書いて覚えたりしてがんばっています。

出し物としてマジックを披露してくれる人は、スタッフにこっそりと見せてくれました。何のマジックなのかは当日のお楽しみですが、見せてもらったスタッフはけっこう楽しんでいましたよ。何人かの生徒さんがマジックを披露してくれるそうです。歌の出し物も毎日の練習をしていて、どれもすごく楽しみです。

何かの理由で引きこもりになって、その後でひふみ学園で高校卒業を目指すようになった人もいます。発達障がいがあってパトリの福祉サービスを利用することになった人もいます。勉強が苦手で遊んでばかりいる子、得意なことばかりやって苦手なことを後回しにしちゃう子、さまざまな個性を持った子たち。ふだんはなかなかまとまらない面々も、文化祭を目指してその人なりに、その子なりに頑張っています。少しでも多くの人にご来場いただければな、と、思っています。

みんなで壁新聞を作っています(放課後等デイサービス、フリースクール)

こんにちは。(´θ`)彡
障がい福祉サービスのパトリです。
パトリの障がい福祉サービスには、主に中高生のみなさんが利用している「放課後等デイサービス」と、大人のための「自立訓練(生活訓練)」「就労移行支援」があります。そして、フリースクールとしての指導では、通信制高校のサポート校として、ひふみ学園が学習指導をしています。それぞれに、それぞれの活動をしていることも多いのですが、みんな一緒に行う活動もあり、その中に「ひふみ新聞(壁新聞)」の作成があります。

パトリの障がい福祉サービスやフリースクール、壁新聞の作成

壁新聞の内容は、季節ごとのイベントの様子や毎日の講座の様子などを撮影した写真が主で、それを色模造紙に貼り付けていきます。ただ貼り付けただけだと楽しくないので、その日に参加したみんなで相談しながらレイアウトを考えます。あれやこれやと話しながら、折り紙で作った飾りも加えて楽しいものにしています。

発達障がいのある人だと、うまく自分の考えを言えないこともあります。どの写真を使うとよいのかを相談しているときにもなかなか主張ができません。逆に主張が強く出てしまって他の人の意見を取り入れられない人もいます。みんなそれぞれに個性や特性があるので、意見を統一するということが難しいです。

でも、こうやって協力をしながらひとつのものを作っていくと、だんだん意見が言えるようになってきたり、他の人の考えも少しずつ取り入れられるようになっていきます。すぐに変化を感じることはなかなかないけれども、ちょっとずつ成長していく姿を見られるのは嬉しいです!

何かの理由で不登校になったり、発達障がいなどのために学校の勉強がしづらくなったり、そういう人がゆっくりと自分のペースで成長していける場所がパトリです。