ブログ

2018年12月の記事一覧

年末の大掃除をやりました(フリースクール、放課後等デイサービス、自立訓練)

こんにちは。
西金沢駅から徒歩5分、フリースクールと障がい福祉サービスのパトリです。
(´θ`)彡

今日は年内の通常営業(?)最終日。みんなで大掃除をやりました。

障がい福祉サービスのパトリ、年末の大掃除。フリースクール、放課後等デイサービス、自立訓練

参加してくれたのは、フリースクールとして利用してくれている通信制高校の生徒さん、放課後等デイサービスの利用者さん、そして自立訓練の利用者さんです。ふざけて遊んでしまう子もいるけれども、まあ、みんなでワイワイと楽しくお掃除ができました。

仕切ってくれたのはおしょう先生ですが、朝のうちは「あんまり生徒も来ないだろうから、ちょこちょこっとやる感じにしようかな」と言っていました。ところが、むしろいつもより多くの生徒が出席してくれて、久しぶりに来た子は「しばらく来てなかったから最後の日くらいは掃除に来たよ」と言ってくれました。通信制の高校だから必ずしも出席の必要がなくて、だから事情によってはほとんど来ない人も珍しくない。でも、こういうときには来てくれるとなるとなんだかやっぱり嬉しいです。

発達障碍の子の中には、他の人と協力して何かをするのが苦手な人もいます。パトリの利用者さんの中にも居ます。でも、そういう人であっても、みんなと過ごしているうちに少しずつ協力した作業ができるようになっていきます。以前は人が集まって何かをしている場を避けていた子も、今日は一緒に本当に頑張って掃除をしてくれていました。

あまり時間がなくて「徹底的な大掃除」というわけにはいかなかったけれども、いつも使っている教室がきれいになりました。サボろうとする子を叱るのもスタッフではなく生徒どうしだったりします。利用者さんが率先してみんなをまとめうようとしてくれる場面も見られました。みんなちょっとずつ成長しているね。

今年もいろいろあったけれども、来年もみんなと一緒に楽しく過ごして、いい時間を作っていければと思います。

パトリ&ひふみ学園のクリスマス会(フリースクール、障がい福祉サービス、西金沢)

こんにちは。
障がい福祉サービスのパトリです。

先日、パトリの福祉サービス利用者さんと、ひふみ学園の生徒さん、そしてスタッフのみんなでクリスマス会を開催しました。いつも勉強の時間にしている午前中を、この日だけはレクリエーションの時間として、おたのしみ会の形式で楽しみました。

パトリの障がい福祉サービス、レクリエーションとしてのクリスマス会(放課後等デイサービス、自立訓練、フリースクール)

クリスマス会では「おしょうサンタ」と「かずサンタ」が登場。おしょうサンタはジェスチャークイズの出題もしていました。他にも、自立訓練の利用者さんが難読漢字のクイズを出題してくれたりして、みんなで考えながら楽しく盛り上がりました。

パトリで開催するイベントでは、おやつにもスタッフの工夫や手間があります。今回は、「リッツパーティ」形式でサワークリームとフルーツを、みんなそれぞれの好みで乗っけて食べました。そして、おやつの域を超えているのですが、スタッフ特性のクリームシチューも登場!みんな「おいしい、おいしい」と言って食べてくれたのが嬉しいです!

写真にも写っていますが、小さいながらもクリスマスツリーもあります。このツリーの飾り付けは、何日か前の放課後等デイサービスの時間で利用者さんとスタッフが一緒にやったものです。他にも、広い教室の中にクリスマスの飾り付けがしてあり、フリースクールの生徒さんらがこれをやってくれました。みんなで準備をして、そしてみんなで楽しむ。そういうことができた楽しい時間でした。

今日は給食の日(金沢のフリースクール、放課後等デイサービス、自立訓練)

金沢で障がい福祉サービスと子どもたちのための教育をしているパトリです。

今日は楽しい楽しい給食の日でした!

ひふみ学園の生徒さん、放課後等デイサービスの利用者さん、自立訓練の利用者さん、そしてスタッフも一緒に美味しい野菜カレーをいただきました。

パトリの障がい福祉サービス、自立訓練と放課後等デイサービスで給食の日

午前も午後も利用している生徒さん、利用者さんももちろん居て、いつもはお弁当を持参していたり、となりのコンビニで買ったものを食べたりしています。でも、たまにみんなで一緒に食べよう!ということで最近では月1ペースくらいで給食の日を設けています。そして、パトリでご用意する給食は、少しでも体に良いものをと考えてメニューを工夫しています。

今回の給食メニューは野菜カレー。もちろん地場の加賀野菜を使いつつ、ゴロゴロたっぷり野菜の食べごたえのあるものです。ライスは玄米と白米から選んでもらいました。当初、こちらの勝手な予想で、子どもたちは白米を選ぶのが多いだろうと思っていたのに、半分以上の子が玄米を選択。「ぼく、玄米!」「僕も」「私も」と手が挙がり、いい意味での誤算となりました。

全員がそうではないのですが、食事のサーブも積極的に手伝ってくれる子が大半です。障がいの特性もあって手付きに不安のある子もいますが、それでも一生懸命に運んでくれます。スタッフが気づかないことに配慮をしあって、こちらが驚かされることもたくさん。日々の過ごし方の中で少しずつ成長している姿が感じられます。

不登校になっていたことには理由や原因があって、そして、障がいにはそれぞれが特性を持っていて、本当に個性豊かな面々です。苦労しているなと感じることも多いし、将来について考えると心配はつきません。でも、こうやって1つのテーブルを囲んで楽しく過ごし、その中で交流があることで、ちょっとでもみんなが良い方向に成長しているのだと実感できます。

パトリは西金沢から徒歩5分のところにあります。随時の見学を受け付けていますので、ぜひ、お気軽にお問合せください。