ブログ

2019年3月の記事一覧

パトリにたくさんいる「レゴブロック・マイスター」たち

こんにちは!パトリです!

今日は、パトリにたくさんいるすごい人たちの作品を紹介します。
通信制高校の生徒さん、放課後等デイサービス(障がい福祉サービス)の利用者さん、塾の生徒さん、そういう人たちの中には「ものづくり」が好きな人がけっこういます。そして、創意工夫や創造的なイメージが豊富。自分で何かをイメージして作っていくのが大好きな人たち。

パトリにはいろいろなパズルゲームやおもちゃが置いてあって、中でも(特に)男子に人気があるのはレゴブロック。勉強の合間に夢中になって作っている子もいれば、やってくるなりいきなり工作をはじめて没頭する子。本当は勉強するために塾を利用しているのに、目的がレゴブロックでの作品製作になっているのではないかと思ってしまえる子。みんなレゴが大好きです。

そして、そんなみんなが作ってくれた作品が↓こちらです!

これがすべてというわけではないのですが、最近は、こういう乗り物シリーズがみんなの人気です。競いあうようにいろいろな乗り物を作っています。

 

障がいがあってもこういう得意分野のある子はけっこういて、大人がハッとしてしまうような「上手さ」を発揮してみせてくれます。パトリでは、いろんな個性をもった子がそれぞれのペースで過ごしているから、こういう個性もまた一緒に伸ばしていけたらいいなと思います。

 

教育と福祉、障がい福祉サービスのパトリは西金沢駅からすぐのところにあります。
見学は随時に受け付けておりますので、ご興味のある人はお気軽にお問い合わせください。

塗り絵ワークと数字ゲーム

こんにちは。
教育と福祉のパトリです。

今日は、放課後等デイサービスの活動の中で、塗り絵ワークと数字ゲームをやりました。
色を塗る作業というのは心理学的にいろいろと考えられることがあるそうです。選ぶ色や配置=レイアウトによってそのときの深層心理が見えてくるとか、無意識に色に持たせた意味とか。それから、ひたすらに色を塗り続ける作業そのものに、心のデトックス効果もあるみたいですね。

 

そういう専門的なことはみんな気にしていないのですが、好きな絵柄を選んで、好きな色を塗って、ときどき他の子の作品を覗いたりしながら楽しく進めることができました。

 

塗り絵のあとでちょっと時間ができたので、数字ゲームをやりました。パトリの放課後等デイサービスでは、学校の勉強に関する支援も行っています。そんな中で、数字のプラスやマイナスについてササッと考えるための練習になります。ゲームの内容そのものは運の要素がつよくて、計算が速いからといって勝てるわけではありません。でも、スムーズにゲームを進行するために、自然と素早い計算をしたくなります。パトリの障害福祉サービスを利用している人はさまざまで、ものすごく計算が速い人がいます。でも、逆に、ものすごく計算が苦手でいつも苦労している人もいます。そんな人たちが一緒になってできるゲームとして考えてみたゲームです。

 

いろいろな個性をもった人が少しずつ成長する。コミュニケーションにしても、勉強にしても、他のさまざまな生活のことも。みんながちょっとずつ変わっていって、大きくなっていく場所がパトリです。

あっちゃんの「音楽とリズム」

こんにちはパトリです。

今日の講座は、あっちゃんぷれぜんつ「音楽とリズム」。

あっちゃんの講座はいつも楽しくて、みんなが参加できるように工夫されていて、ほんとはスタッフも一緒になって楽しみたいくらいなんです。

今回は、鉄琴をバラバラにしたような楽器を持ってきてくれて、リズムやタイミングをちゃんととれるかみんなでチャレンジ!うまくできる子もいるし、できない子もいるし、でも、できてもできなくても楽しい時間を過ごせました。

体を使ってリズムをとったりすることは、その他の運動にも効果があるそうです。そして、人間がなにかの活動をするときにはかならず体を使うので、スポーツなどとはちがった形でも、その効果が期待できるそうです。たとえば、ちょっとお掃除をするとき、なにか物を運ぶとき、将来のおしごとや生活の中にもきっと活きてくるんだと思います。

パトリの放課後等デイサービスでは、いろいろな得意をもった先生をお招きして楽しい講座をやっています。みんな、ふだんの勉強とは違った学びの中で楽しく成長をしています。

 

教育と福祉が一緒になった学びの場、パトリは西金沢駅のちかくにあります。
見学も随時に受付をしていますので、ご興味のある人はぜひご連絡ください。